YAMADA TAROU

プロフィール

1995年生まれ。東京藝術大学美術学部彫刻科を2018年に卒業。
「人や物事のかかわり」について考えるため表現活動を続けている。空間の用途やそこに流れる時間、無意識と意識の往来、痕跡、記憶などに関心を寄せ、そこから素材や制作方法を探る。表現方法は彫刻・インスタレーション・写真・詩・朗読など多岐にわたり、2019年5月には「考える」と「関わる」をテーマとしたウェブサイトの運営も開始した。
[展示会履歴]
2016  6人展「Near」BALLOND' ESSAI ART GALLERY
    個展「まのとりかた」彫刻棟玄関ギャラリー
    「MARBLE展Ⅱ」ギャラリーゆうき
2017  個展「てん」彫刻棟玄関ギャラリー
2018 「東京藝術大学 卒業・修了制作展」東京都美術館 三菱地所賞受賞
    「第92回 国展」国立新美術館 新海賞受賞
    「藝大アーツイン丸の内2018」丸の内ビル
    「国展受賞作家展」東京都美術館
2019 「edge」いりや画廊
    個展「つづく、つづくる」ぽえむ狛江南口店
    個展「さら の うえ の さら」CURRY BAR シューベル